♠春の学院研修 八千代松陰学園にて♠

2019年04月09日

トピックス

平成31年4月4日(木)八千代松陰学園に

春季学院視察研修として訪れました。

校門を入った入口に “ここからは あなたが「松陰の顔」になる”

そして、“さわやかな印象・はつらつとした行動・ひたむきな姿勢”

書かれた大きな看板が目につきました。

豊かな自然に囲まれた広大なキャンパスにある様々な施設など見学させて頂きました。

   

創立者山口久太の業績を称え建設された山口記念館に案内されました。

   

ラグビーとサッカーのグランドは全面、人工芝です。

用途によって芝を変えたそうです。

    

 

校舎のあちらこちらに飾られている櫻井慶治画伯から寄贈された多くの美術品は

学生たちの感性を育む格好の教材になるのでしょう。

   

明るい日差しが注ぐ素敵なカフェテリア

春休み期間中は、店長おまかせメニューだそうです。

    

    

充実した図書館

卒業生の装画も展示されていました。

         

パソコン教室は、今後の課題と…

 

1時間ほどご案内いただき、最後に竹川理事長から講話をいただきました。

中でも16の校長要請事項について

プロとしての教育者のあるべき姿を説いてくださり大変共感しました。

   

豊かな自然に囲まれた広大なキャンパスの視察、

奥田事務長から創立からの歴史を丁寧にお話いただき、

竹川理事長の熱い思いをお聞きし、またとない機会を得ることができました。

中堅以上のスタッフにとっては、年度初めの良い研修になりました。

お忙しいなかお迎えいただきましてありがとうございました。